2020年4月25日 (土)

ママの狙撃銃 荻原浩:著

Ewu_7bzvcaaua3z

荻原さんの作品は

大分ご無沙汰して

いたと思います。

 

以前、読んだ作品の印象が

どうしても良い記憶では

なかったものですから

でもこの題名で

立っていたポップで

買ってしまいました。

 

面白かったです!

結構夢中になりました!

 

この作品をきっかけに

もっと荻原さんの作品を

読んでみようと思いました。

 

| | コメント (0)

魔弾の射手 知念実希人:著

Evzrtsluwagah1h

 

知念先生の作品は

このシリーズから

読むようになりました。

 

途中を飛び越えてしまって

この最新作を買って先に

読んでしまいました。

 

とても面白かったです!

最後まで一気読みでした!

 

もう完成されたキャラで

何をもうどう動かしても

面白い作品になるので

はないでしょうかね。

 

ちなみにこの本と

一緒に買った本が

ムゲンのi

でした。

 

| | コメント (0)

i(アイ) 西加奈子:著

Ewmyhatuyaiulxj

どういう分けか

読むことが止まりません

止まってもおかしくは

ないように思うのに

何故か止められません。

 

いつの間にかどういうわけか

文章に引き込まれています。

 

西さんの本を読むのは

初めてなのかもしれませんが

何故か不思議にこの本は

惹かれてしまっています。

 

読み終わったとに

自分の中でまた新しい

何かが生まれ育っていきそうな

そんな予感を感じさせられた

一冊でした。

 

 

| | コメント (0)

2020年3月21日 (土)

首都爆発

‪結局、私の場合の‬
‪読んだ本の評価とは‬
‪読んでいる時間に‬
‪比例していると‬
‪思うわけなのです。‬

‪この本はやっぱり‬
‪夢中になって‬
‪しまっていたので‬
‪高評価をあげずには‬
‪いられませんと言えるのでしょう。‬

‪スピード感と疾走感‬
‪とても心地良かったです!‬

B5fa12815d0647ef94fface3ce201f61

| | コメント (0)

2020年3月 8日 (日)

清く貧しく美しく

Eb33d0204d7e4ce28482e0aeb639f997

久々の石田作品

ちょうどこう言う感じの

作品が読みたくなって

いたところです。

 

清く貧しく美しく

まさに私の心情でも

あります。

自分に正直に

そう常に生きて

いたいと思います。

 

| | コメント (0)

2020年2月23日 (日)

十二国記 白銀の墟玄の月 (四)

読了! 一応、これで 十二国記 一休みです。 これからは 買い貯まった本を かたしていきます。

| | コメント (0)

2020年2月18日 (火)

十二国記

https://twitter.com/dousouba/status/1229723804340895744?s=21

| | コメント (0)

2020年2月17日 (月)

十二国記 

https://www.facebook.com/photo.php?fbid=3018899558189624&set=a.1129287947150804&type=3&theater

| | コメント (0)

2019年8月27日 (火)

エアー2.0

空気を読む

週末に買った本
エアー2.0
榎本憲男:著

ポップが立っていて
ふと目にとまって
そこから急速に
興味をそそられて
買ってしまったわけです。

まだ読み始めたばかり
小説としての力量はまだ
読み終わっていないので
計り知れないのですが
どういうわけか
ドキドキさせられているのです。

結経こういうときって
期待を裏切らなかったりして
多分、皆がノーマーク
こういう作品を本屋さんでは
掘り起こしてもらいたい
と思うわけなのです。

今はとにかくとっても
ワクワクしているのです!

 

| | コメント (0)

2018年4月30日 (月)

となりの怪物くん

180428_194300


表紙の写真で
買ってしまいました。

少し読んで
あれッ?
これは?
っと思ったら
アマゾンのアニメで
観てた作品でした。

あちゃ~!

せっかく買ったので
まあちょこちょこ飛ばし読み
内容がわかっていますから
どうってことなかった作品。

最近こういう学園ものも
マンネリしてしまって
つまらなくなってしまったかも
アニメ先行ですから
そちらの方が面白くてね。

まあこういう作品を
間にはさんで読むと
今度はしっかりした小説を
読みたい衝動が増すので
そういう意味では
箸休めでしたでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«最後の医者は雨上がりの空に君を願う 上下