2017年8月21日 (月)

影裏

170820_201942


| | コメント (0) | トラックバック (0)

プラージュ

170812_101813


久々に夢中になって
読書できました。
読書はこうでなくっちゃね。
頭の中を空っぽにして
本の中にどっぷりと
浸かって入り込む
物語の主人公となる。
これが出来るかどうか
そうなれるかどうか
ここが作家の力量かも。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月 5日 (月)

逢魔

170528_113816


いやこれは実に面白かったです!
さすが唯川さん!
男と女を古典に置き換えての
こう表現するかという妙
すばらしかった!
また別な奥行きを
垣間見られた感じです。

実に良かった!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

奪う太陽、焦がす月

170528_113736


やっぱり男と女は
これで良いのだと思います。
別にどこかへ行かなくても
別に特別な思い出を演出しなくても
二人ただそばにいて
求め合い続ける事が出来れば
それが幸せなのだと思います。
今の若い人はもっとシンプルに
生きたほうが良いと思います。
ただそれだけ?
男と女の関係は
ただそれだけで良いのです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月25日 (木)

アキラとあきら

170521_135826


これは面白かった!
700ページの分厚い文庫
でもなんら気にならなかったです
夢中で読みました。

面白い出来事として
今までネットで
映画やドラマにあんなにも
夢中になっていたのに
この本を読み出したら
全く観たいと思えなく
なってしまったのです。

途中ちょっと観たら
あ~、何かつまんない。
って言っている始末
これでまた本に
戻るのかなあとね。

でも本に夢中になるには
やはりそれなりの
本でなければ駄目なわけで
そういう本に出合えなければ
また映画やドラマに
戻ってしまうのかも。

でもず~っと本を読んでいて
頭の中で想像の世界に
ひたっていたいとこれほど
思った事はありませんでした。

それほどこの作品は
良かったなあとね。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月17日 (金)

僕は何度でもきみに初めての恋をする。

170129_171755


ちょっと期待が
大きかっただけに
とても残念でした。

でもそれは
読んでからで言えること。
読んでみなければ語れません。

まあ帯は参考にしているので
大号泣
なんて書かれていると
どうしても読んでしまいたくなるもの。

これから頑張ってもらいたいですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月 6日 (月)

白バイガール

170226_124403


面白かったです。
「青春お仕事小説」
だそうです。
そういうジャンルで
呼ぶんですね。笑

やっぱりキャラ作りが
良かったのですかね。
結構物語としても締まっていたし
捕り物劇の疾走感も
リアルに想像できて
楽しかったです。

続きもあったのですが
まずはこれを読んでからと。

第2回神奈川本大賞
第1位だそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年1月27日 (金)

クリスマス・ストーリーズ

170125_075713


短編ってやっぱり
書く側にとっては
とても難しいと思いました。
まして同じ題材で
作品を比べられてしまうなんて
なおのことです。

力量が試されてしまいますね。
今回も良かったのが何本か
あえて書きません。
皆さん感じ方それぞれでしょう。

本を読んで楽しむことって
そういう事でよいと思います。

比べること、競争では
ありませんから。
でもね良かった作品を
書いていた作家さんは
気になります。

他の作品も
読んでみたくなります。
そういう意味では
同じお題での短編集は
面白い試みと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年1月23日 (月)

言の葉の庭

161218_194358


とっても良かったです!
新海さん書いていて
すごく楽しかったことでしょう!
小説を書く事には
まっている様子が
文章から伝わってきます。
映像と小説
これからこの二つを持って
またどんな可能性を示してくれるのか
楽しみです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年12月10日 (土)

総理の夫

161204_133919


最近、原田さんの作品は
出ると買っていますね。

『本日はお日柄もよく』

そして今回の

『総理の夫』

最高ですね!
特に最後は
勝手に感動でふるえと涙が
止まらなくなってしまいました。

こういう小説が読みたかったと
願って必然とめぐり合えてしまった
といった感じです。

願って叶ってでした。
今週はこの作品で
大いに楽しめました!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«迷子の王子様