« 週間銅相場情報 | トップページ | 銅建値トン4万円下げ改定! »

2019/08/04

週間銅相場情報つぶやき

2019/08/04 8:17

おはようございます。
一週間を振り返ると
7月はその後も
銅建値の変化なく
8月も銅建値据置スタート。
しかし今の足下では
急変が起こっています。
為替が一気に円高106円台へ!
銅相場も急落気味!
銅建値計算値では
3~4万円下げ余地で
週明け月曜にも
緊急改定があるやも。
8/1は良かったのです。
米利下げがあったにも
関わらず為替は大きくは
動きませんでしたからね。
しかし次の日がいけませんでした
トランプさん中国製品への
関税引き上げを表明
「制裁第4弾」9月に発動と
米ダウも大きく下降!
その後一気に2円以上円高!
銅相場もそれにつられるように
下降を演じてしました。
ここの所いろいろな
コラムを読んでいると
今後の銅相場の下降も
満更ではないようにも思います。
中国経済の衰退下降傾向
GDPの低下の度合いもですが
もちろん米中貿易問題も
大いにあるのでしょうが
もうそろそろ根本的に勢いは
どうなのかということも。
無駄や負債が表に明らかに露呈
してきてもおかしくはなし
歪みの解消に動き出して来て
しまってもおかしくはなし。
銅の先物市場は
経済の先行指標とも
言われています。
今まで中国の需要が
銅相場を支えていた感じ。
今、中国は世界の銅需要の
5割を占める最大消費国
そこが上向きから下向きへと
変化するようなら間違いなく
銅相場に飛び火されます。
今までも銅相場は良い値段と
私などは思っていました。
またこれ以上銅相場の値が
上がってしまったら必ず
何かの不具合が起きてくる事も。
銅建値水準400~600円位が
良いのかもしれません。
中国が伸してくる前の水準
銅相場200円~300円台
その倍の水準位で丁度良し
まあしかし今の世界の物価水準
労働水準からではこれでは
銅山の採算割れもありますから
難しい問題でもあります。
今後は相当に厳しくなって
くると覚悟しておかなければ!

|

« 週間銅相場情報 | トップページ | 銅建値トン4万円下げ改定! »