2018/06/24

週間銅相場情報つぶやき

12:22 2018/06/24

おはようございます。
一週間を振り返ると
19日銅建値トン3万円下げ
22日更にまた2万円下げ。
この週だけで5万円の下げです。
足元と月平均にも2万円の差が。
結局チリ銅山労使交渉で
銅相場上がった分がチャラと
この一週間米中貿易摩擦問題
でのパニックによる下げ
勿論株価も大きく下げました。
上海香港の株価などは
節目の値をすんなり切ってと。
一応、土曜日に下げ止まった
かなあと言う感じもですが
また週明けにはどうなるか
わかったものではありません。
銅の品物銅建値ピーク時には
相当量出た模様です。
高値追いをする必要が無い位
でも8月の夏枯れの時期も
ありますからねどうでしょう。
でもやっぱり相場的には
ピークアウトは否めないかも。
中国景気も今後は後退も
世界的に貿易摩擦問題が
勃発る事に成ればなおの事。
まして金利高も重なれば
そしてドル高も重なれば
相場関係皆ガタガタに
ならなければ良いのですが。


銅相場情報メインページ
私の発想
毎日更新楽天日記
ブログ銅相場情報
銅相場情報+(プラス)

|

2018/06/23

銅相場情報つぶやき

銅相場情報つぶやき

6:47 2018/06/23

おはようございます。
外国為替NY(今)、
あまり変わらず、109.93円
LME銅、10ドル上げ。
後場、27ドル下げ。
銅在庫、-1,700トン。
NY銅、+0.75セント。
LME銅建値計算トン79.3万円。
LME後場銅建値計算79.0万円。
NY銅相場建値計算77.7万円。
昨日銅建値トン2万円下げの
79万円に改定されました。
仕切値もこれで更に下げ。
高値からのピークアウト。
まあ品物は高値時には
たくさん出たそうですから
今後無理しての集荷は
無いのでしょう。
現物と先物の値段が
逆転しています。
先々の下げに注意なのか。
6月も残り一週間ですから
足元と月平均に2万円の差
ここで止まるかどうかによっては
来月の仕切の思惑が違ってきますが
どうも先々に高値を期待しても
どうなのかという雰囲気。
米中貿易摩擦問題
それもさることながら
中国の今度の景気の行方
需要と供給の見通し
アナリストなどは年末悲観的。
原油相場の動きも気がかり。
原油反発68ドル台半ばへ
OPEC増産は想定内
需給悪化観測が後退.
金は小動き
米ダウ119ドル高9日ぶり反発
米中摩擦の懸念は一服
週末になったから?
たっと週最後で株価の
反転があった感じです。
アジア株から欧米と
プラスに転じました。
余談ですがここへきて
我われの業界で盗難が
相当横行しているようです。
それも結構大規模にと
私の記憶からすると
銅相場のピークアウト前には
こういう行為が増えて
いたように思います。
相場自体への不安も
募るばかりなのですが。

銅相場情報メインページ
私の発想
毎日更新楽天日記
ブログ銅相場情報
銅相場情報+(プラス)

|

2018/06/22

銅相場情報つぶやき

銅相場情報つぶやき

6:37 2018/06/22

おはようございます。
外国為替NY(今)、
円高、109.86円
LME銅、18ドル下げ。
後場、4ドル上げ。
銅在庫、-1,300トン。
NY銅、-2.15セント。
LME銅建値計算トン79.4万円。
LME後場銅建値計算79.5万円。
NY銅相場建値計算77.8万円。
銅相場軟調
結局は上向きにはならず。
銅在庫少な目4ケタ減少
今朝は為替が円高に
なってしまっています。
銅建値計算値では
為替を加味してしまうと
2万円下げ予想
今日にも改定でしょう
1万円で止めてくれるか?
朝の発表待ちです。
なんたって米中貿易摩擦懸念
世界中の相場に影響止まらず。
昨日香港株では下げ止まりの
兆しが現われたと思いましたが
結局終ってみればこちらもダメ
そのままズルズルと世界を
駆け回った感じです。
米株では8日連続大きく下げ!
さあ週末に向けてこの流れは
収束するのかどうか
東京で止める事が出来るか。
銅相場自体の動きは
様子見って所なのでしょうか
相当に上モノ品物が出たようです。
高値からのピークアウトでしたから。
原油下落
OPEC総会控え様子見
金は3日続落
米ダウ8日続落196ドル安
貿易摩擦の広がりを懸念。
夏のバーゲンがもうじき
始まろうとしています。
勇んで買いに出かけますか?
最近の傾向はそうでも
なさそうなのです
せっかく以前のように
日付前倒しにしたようですが
結果は終ってからなのですが
多様化で流行にとらわれない
という傾向からとまた
ファストファッションの
センスや質の良さ向上から
そちらに取り込まれた分
マイナスの憂き目へと。
残り物はいつでもバーゲン
ネットでもこの傾向が強い。
楽しみやお祭りでは
なくなってしまった感も。
世の中は変わってきています。
どのブランドがダメか
メルカリの出品傾向で
チェックなどとかね。
お金があってもなかなか
使わない時代へと入って
しまったのかもしれません。
今回の夏のバーゲン
今後の試金石となるのかも。

銅相場情報メインページ
私の発想
毎日更新楽天日記
ブログ銅相場情報
銅相場情報+(プラス)

|

2018/06/21

銅相場情報つぶやき

銅相場情報つぶやき

6:33 2018/06/21

おはようございます。
外国為替NY(今)、
少し円安、110.34円
LME銅、1ドル下げ。
後場、43ドル下げ。
銅在庫、+14,425トン。
NY銅、+0.00セント。
LME銅建値計算トン79.4万円。
LME後場銅建値計算78.9万円。
NY銅相場建値計算78.1万円。
銅相場続落、後場には
6,800ドル切ってしまいました。
銅在庫5ケタ増加!
こうなってくると
話が違ってくるような
更なる下げも覚悟か。
足元銅建値2万円下げ余地。
チリ銅山労使交渉さらに
一ヶ月以上の新たな交渉と
でも結局なんといっても
米中貿易摩擦懸念でしょう
米が更なる追加制裁関税警告
こうなってくると泥仕合
国の威信覇権をかけてとなるか。
米金利も更に上がる基調
何かマイナス要因ばかりです。
雑線の今後の見通しも
良い話を聞きません。
上モノは必要とされるけれど
裾モノは極端に敬遠されがち
こうなってくると
リサイクルの今後は
どうなってくるのかと
悲観的な考えになります。
まあ今まで他に押し付けて
いた部分が大きかっただけに
逆流となるとたまったもの
ではありませんからね。
誰が面倒を見る?
誰が責任を持って処理する?
相当に厳しくなりそうです。
原油反発
米在庫大幅減
金は続落。
米ダウ7日続落42ドル安
貿易摩擦への懸念根強くと。
この時期はどうしても
テンションが上がりません。
役所絡みからの通知が
矢継ぎ早に届きますから
それも支払いの概要が克明に
せっかくボーナルをと
当て込んだところで
諸手を挙げて喜べません。
毎年思いますだからこの時期
活気が失せてしまうのではないかと。
みんな先々に不安を持てば
財布の紐は硬くなります。
まあ勿論最近では
必要ないものには
皆さんお金を出さないと
そんな傾向のようです。
景気がいい?
本当ですかね?

銅相場情報メインページ
私の発想
毎日更新楽天日記
ブログ銅相場情報
銅相場情報+(プラス)

|

2018/06/20

銅相場情報つぶやき

銅相場情報つぶやき

6:53 2018/06/20

おはようございます。
外国為替NY(今)、
円高、110.06円
LME銅、167ドル下落!
後場、26ドル上げ。
銅在庫、+275トン。
NY銅、-5.70セント。
LME銅建値計算トン79.5万円。
LME後場銅建値計算79.7万円。
NY銅相場建値計算78.1万円。
昨日銅建値トン3万円下げの
81万円に改定されました。
今朝の銅相場も大きく下落!
更に1万円下げ余地!
銅在庫3ケタ少なめ増加。
いよいよ来てしまった
といったところか。
米中貿易摩擦問題
始まったばかりです
まだまだ長引きそう
織り込んだといって
早急に落ち着くようには
どうも思えませんから
まだまだ下値模索が続くのかも。
チリ銅山労使交渉で
上げた分はこれでチャラ。
今後はこの貿易摩擦問題
一辺倒になっていくのか。
原油反落
中国の追加関税を警戒
金6カ月ぶり安値。
米ダウ6日続落287ドル安!
昨日のアジア株から
やばそうな雰囲気ありました。
上海株節目の3,000割れ
それも3.77%安という大きさ
香港も節目の30,000割れ
こちらも2.77%安大幅続落。
米ダウも6日連続続落
さあまた大きく戻りの
反動を期待しますか?
どうせまた戻ると楽観ですか?
恐怖指数なるものもあった事を
お忘れでは無いでしょう。
ニュースがニュースを
煽ることも考えられます。
歯止めが掛かるかどうか?
制裁関税と言う国のメンツを
あくまで前面で争うか?
落としどころは無いのか?
行使となったところで
相場はガタガタになるのか?
バブル崩壊が起きるか?
さあどうなりますやら。

銅相場情報メインページ
私の発想
毎日更新楽天日記
ブログ銅相場情報
銅相場情報+(プラス)

|

2018/06/19

銅相場情報つぶやき

銅相場情報つぶやき

6:47 2018/06/19

おはようございます。
外国為替NY(今)、
ちょい円高、110.54円
LME銅、149ドル下落!
後場、50ドル下げ。
銅在庫、-425トン。
NY銅、-3.75セント。
LME銅建値計算トン81.6万円。
LME後場銅建値計算81.0万円。
NY銅相場建値計算79.8万円。
銅相場大きく下げ!
7,000ドルを切ってます
前場後場合計200ドル下げ。
銅建値3万円下げ余地
今日にも改定でしょう。
銅在庫3ケタ減少。
チリ銅山の労使交渉が
終ったわけではないようで
米中貿易摩擦がらみ
利上げのドル高がらみ
銅相場昨夜の感じでは
もっと大きく下がる
と思っていましたが何とか
最後は踏ん張ったようで。
でもこれで止まるのか?
といわれればそうではないかも
上がる前のところまで
下がる可能性があるのでは。
米中貿易摩擦
そして欧州ともにで
根は深いかも。
原油反発
有力産油国の増産は
小幅との見方
金は小反発。
米ダウ5日続落103ドル安。
米中の関税応酬による
両国の関係悪化や
世界経済への悪影響が
危惧されていると
そんな事がわかっていても
仕掛けなければいけない
という事の意味は?
相当に根が深いという事
自国保護が絶対との考え
火種は尽きません。
大きく燃え広がらなければ
良いのですけれども。

銅相場情報メインページ
私の発想
毎日更新楽天日記
ブログ銅相場情報
銅相場情報+(プラス)

|

2018/06/16

銅相場情報つぶやき

銅相場情報つぶやき

6:37 2018/06/16

おはようございます。
外国為替NY(今)、
変化無し、110.66円
LME銅、61ドル下げ。
後場、105ドル下げ。
銅在庫、+1,150トン。
NY銅、-7.55セント。
LME銅建値計算トン83.3万円。
LME後場銅建値計算82.2万円。
NY銅相場建値計算80.8万円。
銅相場下げました!
後半に下げ足加速!
銅在庫4ケタ増加。
銅建値計算値では
2万円下げ余地。
週明けにも改定か。
全てマイナスに作用
米金利上げドル高
米中貿易摩擦懸念
中国経済統計減速
チリ銅山労使交渉緩む
こうなってくると相場関係
下げにも加速がつくかも。
なんたってAI主導ですから
そして高速取引ですから
人のスピードでは
ついていけないのは
当たり前ですからね。
来週はおっかないことに
ならなければ良いですが。
原油反落2.7%安
米の対中関税で
原油需要に懸念
金も反落。
米ダウ4日続落84ドル安
米景気指標は堅調と。
都内での解体案件が
増えているそうです。
大型解体なのでしょう
いよいよラストスパートに
入ってきたのか?
それとももともと
そういう時期に入って
来ていたという事なのか。
なかなか現状の
荷物の出には変化が
現われてはいないようにも
思えるのですけれど
景況感を疑っているのは
私だけでしょうかね。

銅相場情報メインページ
私の発想
毎日更新楽天日記
ブログ銅相場情報
銅相場情報+(プラス)

|

2018/06/15

銅相場情報つぶやき

銅相場情報つぶやき

6:45 2018/06/15

おはようございます。
外国為替NY(今)、
少し円安、110.66円
LME銅、4ドル下げ。
後場、26ドル下げ。
銅在庫、+100トン。
NY銅、-3.15セント。
LME銅建値計算トン83.8万円。
LME後場銅建値計算83.5万円。
NY銅相場建値計算82.4万円。
銅相場後半少し下げ
銅在庫超少な目3ケタ増加。
さあどうでしょう
銅建値改定いたしますか?
15日月半ばのタイミング
月平均と合わせてくるか?
チリ銅山のスト突入懸念が
緩くなっているとのこと
回避となれば一気の下げも
ありうことにも。
今現状の動きではまだ
どちらとも取れないのかも
そんな銅相場の動き方。
米利上げでも何か相場の
動きが鈍い感じがします。
さあ今後はどう動くのか。
ここへ来て問い合わせが
増えて来ているようです。
高値掴みはしたくないかも。
原油4日続伸
在庫減受けた買い続く
金は続伸。
米ダウ3日続落25ドル安
貿易摩擦懸念続くと。
ECBが14日の理事会で
量的金融緩和を年内に
終了すると決めたが
来年夏まで利上げは
しない方針も示したと
これで相場がおかしな動き
にはならなかったのかも。
でも年内には量的緩和終了
欧米ともにで量的緩和終了。
いよいよそういう時代に突入。
これはしっかりと認識
しておかないとダメです。
金利の手助けが無くなる
他力本願ではいられなくなる
そういう事です
しっかり稼ぎを出せなくては
いけないということです。
間違いなく厳しくなります。
覚悟を持ってしっかり
結果を出さなくては。

銅相場情報メインページ
私の発想
毎日更新楽天日記
ブログ銅相場情報
銅相場情報+(プラス)

|

2018/06/14

銅相場情報つぶやき

銅相場情報つぶやき

6:37 2018/06/14

おはようございます。
外国為替NY(今)、
あまり変わらず、110.33円
LME銅、1ドル上げ。
後場、37ドル上げ。
銅在庫、-2,275トン。
NY銅、+0.55セント。
LME銅建値計算トン83.9万円。
LME後場銅建値計算84.4万円。
NY銅相場建値計算83.3万円。
銅相場後半少し上げ
銅在庫少な目4ケタ減少。
米朝会談の次はFOMC。
2018年末の政策金利見通しが
年内4回目の利上げを示す
水準に切り上がったと。
FRBが3カ月ぶり利上げ
利上げ幅は0.25%
こんなこともあってか
米ダウが大きく下がりました。
また米中貿易摩擦の深刻化
中国の報復関税で対抗する
との可能性を警戒とね。
利上げと貿易摩擦
影響が出てくるのは
これからでしょう
ジワリジワリとね。
さあチリ銅山の労使交渉は
どうなっているのでしょう
今朝見た銅グラフの動きから
不調だったのかもと
思ってしまいましたが。
原油3日続伸
米原油在庫減少を好感
金は小反発。
米ダウ続落119ドル安。
さあ米今年度4回利上げの見通し
4回となると今年だけで
1%上がると思っていいわけで
そうなってくると影響が
出ないわけは無いと思います。
どこで市場が反応するか?
どの局面でAIが見切りをつけるか?
いやいやまだまだなのか?
過熱を冷やして巡航速度へと
もって行く手立てなのか?
今年後半は何やら身構えて
いなければいけないように
思いますけれども。
何かあれば銅相場も間違いなく
あおりを受ける可能性も。

銅相場情報メインページ
私の発想
毎日更新楽天日記
ブログ銅相場情報
銅相場情報+(プラス)

|

2018/06/13

銅相場情報つぶやき

銅相場情報つぶやき

6:39 2018/06/13

おはようございます。
外国為替NY(今)、
少し円安、110.36円
LME銅、23ドル下げ。
後場、37ドル上げ。
銅在庫、-3,775トン。
NY銅、-0.80セント。
LME銅建値計算トン83.8万円。
LME後場銅建値計算84.2万円。
NY銅相場建値計算83.1万円。
為替が多少円安
銅相場少し下げ。
銅在庫4ケタ減少
銅建値据え置きでしょう。
昨日の初の米朝会談
そして米朝共同声明署名
後から出てくる
さまざまな見解や反応
肩透かしとの意見も
銅相場や各相場の動きも
何もなかったかのような動き
もう次の米金利問題へと
目先は飛んでしまったのか。
またチリ銅山の労使交渉
すんなり片付くようなら
今週中にも銅相場の下げが
あるやもなんて話題にも
下がる前に利益確定って事で
品物が出てきているふしも。
現状の銅相場落ち着くべき
値へと動き出すかもしれません。
もう一応最大の注目イベントは
終ったという事なのでしょう。
原油続伸
OPECの需要見通し受け買い
金は反落。
米ダウ小反落1ドル安
重要日程控え小動き
今度は13日のFOMC結果発表。
今年2回目の利上げが確実視
その後の利上げ予定に注目と。
さあいよいよ為替という
巨人が登場してきます。
金利は全てに影響を与えます。
クラッシュの引き金となるか
膨張を抑える楔となるか
景気の行方はどうなるか。

銅相場情報メインページ
私の発想
毎日更新楽天日記
ブログ銅相場情報
銅相場情報+(プラス)

|

より以前の記事一覧