2017/12/10

週間銅相場情報つぶやき

10:27 2017/12/10

おはようございます。
一週間を振り返ると
12月は銅建値1万円下げの
80万円でスタートしたものの
6日には更に2万円下げの
78万円に改定されました。
月平均も足元と遜色ない状況。
ここへきて月平均80万円を
割ることとなりました。
問屋仕切値が更に下がりました。
暮れの状況としては
どうなのでしょうか?
相変わらずの人手不足といわれ
中央では建設ラッシュ
設備ラッシュといった所
実際問題としても景気は
良いのだと感じられていますが
下々ではどうもその感覚が
見受けられないのですが。
とうとう賃上げに政府介入
税制優遇の旗印を掲げ
否応なしに賃金上昇を
力づくで演出しようと
していますがこういうことは
どうなのかと思います。
今までは無駄の上に
胡坐をかいていた
そう思えてなりません
無駄を排除したら
無駄なお金は必要なし
そうなるとお金の回りも
必然とタイトになってしまう
でもこれってしかたが
ありませんよね。
至極当然なことなのです。
わかり切ったことなのです
だからそれを何かでごまかして
あえて無駄を作ろうとしている
これは歪の増大にしかなりません。
本来やってはいけないこと。
なにやら間違った方向へと
導こうとしているように
思えてなりません。
まあでも今現在
崩壊は起こっていません
まだまだ伸び代が
あるようにも思わされて
いるようにも思います。
でもこれはあくまで
先送りでしかないようにとも
今年が無事終っても
来年がそうでない保証は
無いと思っていますけれども。

|

2017/12/03

週間銅相場情報つぶやき

8:16 2017/12/03

おはようございます。
一週間を振り返ると
11月の銅建値月平均は
813.1円でした。
12月は銅建値1万円下げの
80万円に改定でのスタート。
銅相場の下げが原因
為替が円安で幾分
助けられている面も。
銅在庫が一週間で
だいぶ減りました。
先週土曜の21万トン台から
足元では18万トン前半へ
ここの理由が良くわかりません。
金融商品としての投機の
対象になっているとか?
上海での在庫が
特に減っているとか。
その割には銅相場は
上がっていないようにも。
この不思議さが疑問です。
先週中は上海や香港の
株式が急速に悪化した
場面もありました。
その時に銅在庫も
動いたようにも。
北のミサイル問題では
その場限りの様相
株価への影響も
一時的な動きでした。
その後はNYダウも
最高値更新へと。
何なのでしょう
今のこの状態は?
バブルの末期?
そんなようにも
感じられるのですが。
さあ今年も後一ヶ月を
切ってしまいました。
最後すんなり終るのかどうか?
はたしてもうひと波乱
それも大変大きく
相場が動いたりして
多大な混乱を起こさなければ
良いなあと願うばかりです。

|

2017/11/26

週間銅相場情報つぶやき

14:54 2017/11/26

おはようございます。
一週間を振り返ると
21日銅建値トン1万円上げの
81万円に改定されました。
週初めは銅相場6,700ドル台が
週終ってみれば7,000ドルへ
為替の円高には
翻弄されましたが
銅相場自体は底堅い
更に銅在庫が
24万トン台から
21万トン台へと
日々の在庫減も
大きく4ケタ減少連続と
ここの変化が
変わらなければ銅相場
更に上を目指すかも。
ファンドも決算月
何か仕掛けてくるか?
世界的な景気期待で
銅需要の下げは心配には
およばないのか?
電気自動車へのシフト
インフラ整備などなど
銅需要に死角はないのか?
12月はいよいよ米利上げ
これはもう織り込み済みか?
株や商品相場の伸び代は
まだまだあるというのか?
今年すんなり終って
くれる事を願いますが
はたしてどうなるか?

|

2017/11/19

週間銅相場情報つぶやき

10:56 2017/11/19

おはようございます。
一週間を振り返ると
16日銅建値トン1万円下げの
80万円に改定されました。
銅相場の下げと円高
銅在庫は今は24万トン台へ。
これで月平均は81万円
まあここらくらいで
落ち着いてくれれば
御の字と思いますが
さてどうでしょう?
原油も下げ傾向
土曜の朝は反発でした。
銅相場は原油と
連動した動きに
なっているように感じます。
景気を現す株価とは
少し違うようにも
そもそも株価辺りも
原油などの変化に
動かされる場面も。
今後の電気自動車の
需要拡大には銅は
欠かせない存在となる
これは間違いない感じ。
動くものが皆電化となれば
銅需要の衰えはないのかも
まあリサイクルもありますから
鉱山ばかりに頼るとは
いえませんけれども。
今後は問屋の在庫も
解消される方向に動くと
そうなればまた
値上がり期待へと。
そんな声も聞かれます。
ただ心配は商品相場や株価
それらが何かの拍子で
下落に一気に動くこと
そこだけが最近では
心配でなりません。
しきりに新聞などでも
そのタイミングなどを指摘
また北が静かなのも
妙に不気味です。

|

2017/11/12

週間銅相場情報つぶやき

10:58 2017/11/12

おはようございます。
一週間を振り返ると
7日銅建値トン1万円上げの
83万円に改定されました。
しかし三日天下でした。
10日銅建値2万円下げの
81万円と下げ改定
銅相場下落、為替も円高
これで月平均も
10月と大差ない感じに
まあこのレンジで
これ以上下がらなければと
願うのですけれども
どうも雰囲気は良くない感じ。
7,000ドルの壁は硬い
ように感じていますし
銅相場の上げの原因が
ファンドがらみだったこと
にも起因しましたからね
また原油も下降に
転じていますから
そして何よりもトランプさん
アジア歴訪にも裏の意味が
あるようにも思えてしまって
有事となると相場関係
この高値ですから一気に
下げ局面何って事に
成りかねないようにも思います。
株価にしても既に利上げを
織り込んでいるようにとは
思いますけれども
実際に12月に利上げが起これば
今度は更なる利上げがと
話題に上がるだろうし
流れは利上げなのですから
株式に影響が及ばない
ようには思えませんけれど。
それを反対に更に相場の上げ
という予想はどうでしょう?
もう結構アップアップの所へ
きているように思います。
気をつける事に
こした事はないように
思いますけれども。


フェイスブックでの
私個人の人となりや
荒井明商店もよろしく!
『今日のつぶやき』は
私の発想の方で!

私の発想
毎日更新楽天日記
銅相場情報メインページHP
ブログ銅相場情報
銅相場情報+(プラス)


|

2017/11/05

週間銅相場情報つぶやき

11:13 2017/11/05

おはようございます。
一週間を振り返ると
11月銅建値スタートは
トン2万円下げの82万円。
足元では1万円上げ余地
週明け火曜の朝の外電を
見てからの改定かも。
銅相場7,000ドル超から
いったん下がって
一進一退の繰り返し。
為替の円安気味に
救われているふしも。
銅在庫の変化が
少な目となっています。
あんなに問題視されていた
北の動向は一体どこへ
行ってしまったのでしょう?
今日トランプさん来日
厳戒態勢がしかれています。
まさかねこの時を見て
何て事にはならないでしょうが
都知事選から衆院選
そしてトランプさん来日
仕事関係が滞りがちです
電力関係、通信関係
解体関係、設備関係
こういう時にはこれらが
思うようには仕事を
させてもらえなくなります。
全く景気が良いという理由で
ないがしろにされがちです。
今後はしっかり仕事をさせて
もらいたいと思います。
金融やITで稼ぐ仕事
ばかりではないのです
それだけで世の中は
回ってはおりません。
人手不足だからといって
海外への外注ばかりでは
国内は潤えません。
観光客増大だけでも
国内はよくなりません。
あまねくようにお金が
回るように活気が出るように
なってもらいたいものです。
これからは無駄なものは
極力省いていかなければ
どうにもならなくなって
しまいますからね
ここの決断が大事な所です。

|

2017/10/29

週間銅相場情報つぶやき

11:50 2017/10/29

おはようございます。
一週間を振り返ると
24日銅建値トン1万円上げの
84万円に改定されました。
銅相場7,000ドル越え
為替も多少円安気味で
このまま行くのかなあと
思ったのですが
銅場が上がった理由が
上がった理由でしたから
今回の銅相場の上げ
投機的なロング買い
その種明かしも
明らかになってしまった
そうなると今度は
大きな下げになる
やもしれません。
現に土曜日の外電では
6,800ドルまで下がって
銅建値2万円下げ余地
11月スタートにはまだ
火曜水曜日の朝の
外電が気になる所です。
これ位で相場が止まるのか?
それともズルズル下げへと
今度は切り込んでいくのか?
中国全人代も閉幕
環境問題にも厳しい裁定
電気自動車へのシフトは
世界的にも間違いはない感じ
そうすると銅の需要は
やはりタイト感が出て
上を目指すように
なるかもしれない。
全てが電気へとなるのか?
そうなるにはまだまだ
技術革新が求められるのかも
日本や米国も景気拡大局面
の割に成長の勢いが鈍い。
ここをどう解釈するのか?
成長は鈍くても安定が
良いと私は思います。
拡大の先には良いことばかり
待っているとは限りませんから。

|

2017/10/22

週間銅相場情報つぶやき

13:22 2017/10/22

おはようございます。
一週間を振り返ると
17日銅建値トン4万円上げの
84万円に改定されました。
20日には銅建値1万円下げの
83万円に改定されました。
4万円上げ時は銅相場の
急激な上昇それに円安
も絡んでの銅建値上げ。
1万円下げは銅相場の下げから
為替がもう少し円高だったら
2万円の下げだったかもでした。
土曜の朝の為替では113.50円
1円近く円安に振れました。
足元の銅計算では83万円で
落ち着いている感じとも。
しかし中国の全人代開幕
の前後で振れ幅が大きく
なにやら不安な感じにも。
中国の今後にも期待する
向きもありますがそうそう
上昇ばかりとは行かない
のではないかともね。
世界の株価は絶好調の様子
その分不安もそこかしこに
このまま上に行くのか?
それともどこかで一気の
下げとなるのか?
景気は好調好調といわれ
設備関係も絶好調気味
鉄、コンクリートその次は
電線通信関係へとの波及
そんなシナリオのようです。
格差は確実に広がって
いるように思います。
どこのポジションにつくのかで
段違いの差を生む事に。
強い個人か、強い組織会社か
それ以外はみんな
取り残されそう
見捨てられそう
そんな風に私は考えます。
益々厳しくなっていくとね。

|

2017/10/15

週間銅相場情報つぶやき

10:04 2017/10/15

おはようございます。
一週間を振り返ると
12日銅建値トン1万円上げの
80万円に改定されました。
足元では更に1万円上げ余地。
銅相場上がっています。
為替は少しずつ円高。
今回は円高に影響されず
銅相場の上げの方が強い。
なんかまだ上の方へ
行くような気がします。
ファンド筋も大いに
絡んできている感じですから。
中国全人代開幕まで
この勢いは衰えないのか?
はたまた全人代終了後も
勢いは増すのか?
ここでバブル崩壊を
起こすわけには行かないか?
北の動きも気になります
静かなる動き継続中
ここの所、北のニュースが
極端に少ない感じがします。
嵐の前の静けさ?
株価も日米とも最高値入り
日本は約21年ぶり
歪は最高潮になっていないのか?
メーカーはフル操業らしい
でも様子見で高値を買わない。
衆院選挙も後一週間
どうも盛り上がりに欠けるか。
都知事選ほどではない様子
スローガンだけでは
絵に描いた餅だと
悟り始めたか?
格差は益々広がるばかり
もうこれは止められない
平等など夢のまた夢
せめてしっかりやった者
だけには恩恵をと
願うばかりなのですが
ネット依存の今の世の中
そうそうみんながみんな
やはり恩恵は受けられる
ものではないようです。
コツコツで仕方なしそして
無駄な支出はいつの時代でも
マイナス要因なのです。
しっかり硬くが
何より一番です!

|

2017/10/08

週間銅相場情報つぶやき

8:46 2017/10/08

おはようございます。
一週間を振り返ると
10月は銅建値1万円上げの
トン77万円改定スタート。
6日にはトン2万円上げて
79万円に改定されました。
月初の銅建値1万円上げは
9月の流れからの改定
6日の上げは銅相場自体の
上昇による所でした。
国慶節で参加者が少ないため
非鉄相場に買いが入りやすくで
亜鉛、鉛が上がっていた所
今度は銅相場でも起きた感じ。
またチリ北部での地震発生
の情報にも敏感に反応した様子
中国の亜鉛メッキ鋼板の
需要拡大期待が継続と
中国のインフラ需要が後押し
ここに陰りが起こらない限り
価格は上を目指す展開が
続くように思われますかね。
日本もまんざらでもない
鉄やコンクリの需要増
その次に続くであろう
設備関係の材料供給
銅もこれからが需要増かも。
今度こそという感じで
年明けから1年半近くは
建築関係が特需になる
そんな事が囁かれています。
ただ12月には米の利上げ
これが確実視でしょう。
そうなればまたどうなるか?
中国の国慶節明け
全人代後の成り行き
目先ではそこが問題
10月は注意したい所
でもあります。
北の問題も気になります。

|

より以前の記事一覧