2018/08/12

週間銅相場情報つぶやき

17:59 2018/08/12

暑中お見舞い申し上げます。
一週間を振り返ると
8日銅建値更に1万円下げの
72万円に改定されました。
これによって足元も月平均も
72万円台となって辻褄が合う。
金曜朝の外電と為替では
銅建値計算値73万円も再び
なんて期待もあったのですが
11日土曜日の外電では
その期待も萎んでしまいました。
土曜の外電の雰囲気は
よくありませんでした。
世界的に株価が下ぶれ。
為替も円高気味
銅相場も再び6,100ドル台へ。
今度は米国トルコ関係悪化懸念
トルコリラふたたび急落と。
米中貿易摩擦問題はこれから
米金利上げは来月またなど
マイナス要因が目白押しです。
こうなってくると経済の逆回転
まんざらでもなくなってきそう。
2018年後半から2019年には
株価の大暴落もありうるかも
日経だって16,000円を割り込む
可能性も無きにしも非ず。
もう身構えておいても
良いのかもしれません。
自分の身は自分で守る
クラッシュしてからでは
誰も助けてはくれません。
嫌な雰囲気の波の寄せる周期が
益々狭まってきているようにも
毎年そんな感じを抱いては
お盆休み返上での倉庫の
片づけをしする有様です。
まあその方が気が
落ち着いたりしてね。


銅相場情報メインページ
銅相場情報つぶやき卵twitter
私の発想
毎日更新楽天日記
ブログ銅相場情報
銅相場情報+(プラス)

|

2018/08/05

週間銅相場情報つぶやき

11:26 2018/08/05

おはようございます。
一週間を振り返ると
8月は銅建値2万円上げの
75万円改定スタート。
この2万円上げには
疑問視の声も聞かれました。
為替は円安に動きましたが
銅相場がついていかず
カーブでは下げの動き
世界的に株価も良くなく
結局3日には中1日で
銅建値2万円下げ。
緊急改定を強いられた感じ
そして足元と月平均の
帳尻を合わせた格好に。
1日の売りの値決めの方は
良かったようでした
他は上げの銅建値に
翻弄されてしまった感じ。
アジア株は続落傾向
米中貿易摩擦泥沼化懸念
人民元対米ドル下落継続
中国景気減速さらに警戒
しまいには中国株は
世界2位の株式市場の座から陥落
-時価総額で日本を下回ると。
ここで私などが思った事は
日本の土地バブルの時
日本の土地の時価総額で
米の土地を皆買い占められる
などとのデマが飛んだほど。
その次に起きたのが日本の凋落
土地バブル崩壊でした。
建築会社がつぶれ
証券会社がつぶれ
銀行がつぶれ
高値をつかまさせた人たちが
何十年も苦しみ続けた。
まだ今もその余波は残っている。
次に今度は中国が
そうなるのか?
日本のバブル崩壊も
利上げがきっかけでした。
ここへ来ての長期金利上昇
米も利上げ計画に変化なし
中国もまた隠れ理財商品が
クローズアップされだしてきた。
良い時は別段何も問題は出ません
やはりそもそもが
中国景気減速懸念が顕著になり
稼ぐ術が思うようにならなければ
なるようにしかなりません
そんな気がしてなりません。
もう遅かれ早かれ何かが
起きはじめてもおかしくはなし
それがいつなのかというだけ
カウントダウンはいよいよ
もって始まっているのかも。
まあ大概悪くなる時って
天災も味方したりして。
今の異常気象もそう考えて
しまいそうなのです
ハイ。


銅相場情報メインページ
銅相場情報つぶやき卵twitter
私の発想
毎日更新楽天日記
ブログ銅相場情報
銅相場情報+(プラス)

|

2018/07/29

週間銅相場情報つぶやき

16:31 2018/07/29

お世話様です。
一週間を振り返ると
25日銅建値1万円上げの
73万円に改定されました。
この時もしかすると
2万円上げもあり
だったのではないかとも
思えたものでしたけれども
そうすれば足元と月平均が
74万円台と変わりなくとね。
まあでも今のこの感じなら
8月は銅建値1万円上げ期待
を持っても良さそうかもです。
でもまだまだ情勢の変化は
読みきれないようにもと
銅相場自体も6,000ドルを
切ったところが今では
底となった感じでしたが
今後の世界の情勢次第では
どうなるかわかりません。
北にもまた胡散臭さが
中国の経済にも先々の不安が
米もこの先また新たな難題を
吹っかけてくるやも知れない
そもそも世界の金利が
益々上がるようなら
どうなってしまうのか?
日本にしても長期金利の
行方には不安はないのか?
私の感じている停滞感は
この猛暑だけが原因には
どうも思えません。
もっと水面下で何か
底知れない動きが起きている
ようにも感じられます。
世の中の情勢情報だって
むやみに信じてしまったら
大変な事になると
思っておりますけれども。

銅相場情報メインページ
銅相場情報つぶやき卵twitter
私の発想
毎日更新楽天日記
ブログ銅相場情報
銅相場情報+(プラス)

|

2018/07/22

週間銅相場情報つぶやき

7:37 2018/07/22

おはようございます。
一週間を振り返ると
20日銅建値1万円下げの
72万円に改定されました。
土曜の朝には為替が大きく
1円以上円高で終了。
19日の銅相場セツルでは
6,000ドルを切ってしまい
それによっての建値下げ。
なんとか土曜の朝の外電では
6,000ドルを回復していますが
6,000ドルの節目を割ったことで
次の下の節目にも意識が。
まあ為替の円高は
トランプさんの発言によるもの
週明けにまた円安に戻すのなら
行って来いといった感じに
とらえる事ができますが
何か他の意図があるとすると
日本円にお金が逃げてきた?
なんてことでしたら
この後何か起こりそうな予感も。
この時期以前のアジア危機を
思い出してしまいます。
今度も中国の景気後退進行を
思わせるような指標も出ている
年後半にかけて下降気味
となるとしんどい事が今後は
起きそうな感じにもとね。
とにかく嫌な雰囲気を
感じてなりません。
アジア株も節目を切っている
次の節目に行きそうな予感。
ただただ心配からでの
予感ではないような所が
今までとは違う感じなのです。
もうこれは杞憂ではない
ようにも思えますけれども。

銅相場情報メインページ
銅相場情報つぶやき卵twitter
私の発想
毎日更新楽天日記
ブログ銅相場情報
銅相場情報+(プラス)

|

2018/07/16

週間銅相場情報つぶやき

6:43 2018/07/16

おはようございます。
一週間を振り返ると
12日銅建値2万円下げの
73万円に改定されました。
為替が多少円安になったので
3万円下げが2万円になった
っといった感じでした。
足元では円安もあり
銅相場も6,200ドル台回復
と戻っていますので
銅建値1万円上げ余地。
何とか先週は6,000ドルを
切らずに反転になりました。
実際、感覚的には危ない
週だったように思います。
ブラックマンデーも起きて
しまうのではと思った次第
中国への追加制裁を9月以降
という発表が激震を及ぼして
しまうかもとハラハラしましたが
株価も反転して銅相場も
つられて結局は反転となって
危機を脱したような感じに。
まあ今日は日本市場はお休み
海外市場から始まり
先週の米ダウも大きく
上がって終っていますからね
多少は安心をもてるのかも。
しかしこの暑さでは仕事
やっていられません。
息子にクラッとしたら
要注意なのだと脅かされ
年寄りにとっては
死活問題になりかねません。
仕事が大事か?
命が大事か?
わかりきった質問です。
今日は片付け仕事ですが
ノンビリ、自由気ままに
マッタリと頑張らずに
過ごしたいと思います。
場合によっては午前中
での撤収もアリってね!


銅相場情報メインページ
私の発想
毎日更新楽天日記
ブログ銅相場情報
銅相場情報+(プラス)

|

2018/07/08

週間銅相場情報つぶやき

11:06 2018/07/08

おはようございます。
一週間を振り返ると
7月は銅建値据え置き
でのスタートでした。
ここまではまだ良しでした。
5日には銅建値3万円下げの
75万円へと改定されました。
そして足元では更に
1万円下げ余地発生です。
銅在庫は順調に減少して
27万トン台半ばへ。
結局銅相場も6,300ドル間際
へと下がってしまいました。
あっさり6,500ドル6,400ドルの
節目を抜けてしまって
直近の節目は6,200ドル
そこを抜けるようなら
今度は6,000ドルを切るかどうか。
今まで相関関係があった
原油と銅の値動きにも
銅だけが崩れてしまった状態
6日に米中貿易摩擦突入!
独立記念日の休日があって
週後半は連休を取った感じにも
とれえる事が出来るため
週末には悪材料出尽くし感で
株などの相場にストップが
掛かったようにも見受けられますが
いやいや本番は週明けなのでは
ないのかとも考えられます。
中国の景気後退感も出てきている
米の利上げ長期間化も出ている
そして貿易摩擦問題
今朝のニュースでは北との関係に
陰りも見え隠れなどと。
なんか良くない雰囲気
不動産がらみにしても
シンガポールで不動産株急落。
今までプラスを支えてきたものが
どうも箍を外されそうなのです。
ちょっとこれはヤバイって
思っていなければいけないかも。
とにもかくにも安易な
楽観は禁物だと思いますよ!
出来る範囲の準備は
怠ってはいけないかもです。


銅相場情報メインページ
私の発想
毎日更新楽天日記
ブログ銅相場情報
銅相場情報+(プラス)

|

2018/07/01

週間銅相場情報つぶやき

11:48 2018/07/01

おはようございます。
一週間を振り返ると
27日銅建値トン1万円下げの
78万円に改定されました。
これで6月の銅建値月平均は
81万円と成りました。
足元と月平均の差が3万円。
7月の為替の始まり方にも
よりますが多少為替が円安なら
銅建値78万円据え置き
為替が円高に振れるようなら
トン1万円下げて77万円の
始まりもあるやもです。
銅相場は6,600ドルに
入ってしまいました。
下値抵抗線は6,500ドルとか
ここで踏ん張れるようなら
ひと安心ではあるのですが
更に下押しするようなら
今度は5,390ドルが
下値抵抗線だとか
こうなってくると一気に
2015年1月末に逆戻り。
その時点の原油価格44ドル台
今の原油がそこまで下がるのか?
って思ってしまいますが
下がりどころの意識としては
記憶の片隅に置いておかないと
今回が二つ目の山だとしたら
そうなる可能性も十分に
ありうるのかとも。
米中貿易摩擦問題
更に世界的な貿易摩擦問題
に発展するようなら
一時的でも行ってしまうのかも
それから盛り返して
三つ目の山の形成に向かうのかも。
北の問題が片付いて感じで
また相場関係上昇基調と
思ったものでしたが
まあその他にも金利問題
も絡みますからこちらも
今後は十分に影響力を
発揮するのではないかとね。
日銀の株への介入だって
異常なのですそして更に
今朝のニュースでは
日銀19年度物価見通し
下方修正へ緩和は長期化。
まだ手の内はあるってか?
金利は多少でも無ければ
実は本当はおかしいのです。
手詰まり感は否めません。
さあツケはいつ払わされるのか?


銅相場情報メインページ
私の発想
毎日更新楽天日記
ブログ銅相場情報
銅相場情報+(プラス)

|

2018/06/17

週間銅相場情報つぶやき

10:47 2018/06/17

おはようございます。
一週間を振り返ると
銅建値変更が無かった週
しかし週明けにはこれでは
銅建値変更の可能性有りか。
2万円下げの可能性
こうなると結構痛いかもです。
まあそもそもチリ銅山の
労使交渉の行方には
流動性が付きまとうものですから
必ずストへとなるわけではなく
可能性への危惧から
買われたふしなのですから
その危惧が緩めば今度は
下げへと転じるのは当然。
でもってもうこの話よりは
中国の統計指標の低下
金利上げによるドル高
米中での貿易摩擦再懸念
原油の2.7%安の下落など
銅相場に関わる事案が
大きく出てきました。
これでは上がっていた方向も
逆に動き出してもおかしくない
となってしまいましょう。
さあ週明けの株式や銅相場
どうなって行く事でしょう。
ドル高なら円安ですから
銅建値計算値では多少
恩恵が生じますから
急激な下げへとは
ならない感じとも
思われますけれども
銅相場自体の下落が
きつくとなると
話は違ってきます。
また6,500ドル近辺へと
下がるなら円安為替の恩恵も
焼け石に水となるのかも。
6,000ドル台の範囲って
結構居心地の良い範囲だと
思っております。
それ以上でも
それ以下でもなければ
良いのではないでしょうか。


銅相場情報メインページ
私の発想
毎日更新楽天日記
ブログ銅相場情報
銅相場情報+(プラス)

|

2018/06/10

週間銅相場情報つぶやき

8:57 2018/06/10

おはようございます。
一週間を振り返ると
5日銅建値トン3万円上げの
81万円に改定されました。
中1日の緊急改定でした。
そしてまた中一日での改定
3万円円上げの84万円に!
チリ鉱山の労使交渉
での供給不安懸念から
世界の景気の行方も絡んで
投機筋の買いが一斉に入った感じ
去年もこの時期そうたったとか
さあこれ以上の上昇が
あるのかどうか?
8,000ドルを目指すか?
品物の出は益々タイトに
なっていくのかもです。
こうなってくると益々
売り急ぐ必要が無いと
静観を決め込まれてしまうかも。
原油は下がっていますけれど
それとの相関関係はもう
崩れてしまったのか。
何やらニュースでG7
不調に終っている様子。
さあ今度は米朝会談
こちらも終わってみなければ
わからない感じにもと。
週明けは米金利引き上げ
もあるのでしょう
問題がいっぺんに重なって
おかしくならなければ
良いのですけれども。


銅相場情報メインページ
私の発想
毎日更新楽天日記
ブログ銅相場情報
銅相場情報+(プラス)

|

2018/06/03

週間銅相場情報つぶやき

12:19 2018/06/03

おはようございます。
一週間を振り返ると
29日銅建値トン2万円下げの
79万円に改定されました。
そして6月は1万円下げの
78万円に改定でのスタート。
この1万円の下げは
いかがなものだったのか?
とのご意見があったようです
週明けには戻りそうなので
それの方が塩梅が良いのか
為替も多少円安気味
銅相場も何やら相場が
戻しそうな雰囲気
(あくまでなんとなくです)
銅在庫の増加は気がかり
そして原油の下げも気がかり
まあ何よりも週後半での
プラスのニュースは
12日に米朝首脳会談
マイナス要因としては
米国による鉄鋼・アルミ
に対する追加関税措置
欧州の政治不安
米の金利改定も気がかり
またタイミング的にも
12日の米朝首脳会談
この時期に向けてはまだ
一筋縄では行かない感じ
もあるようにも思えて
不安は決してなくなって
いないと思っています。
北のことですからね
また土壇場で何か?
なんて事があったりして。
経済指標は誠に良い
ようなのですがまたこれを
鵜呑みにしてよいのかどうか。
常に疑問を持って
いた方が良いのかとも
人間はそもそもがわがまま
そして自分勝手です。
他人の話を素直には
聞かないものです
往々にしてね。
常に身構えていた方が
賢明だと思っています。
不意を突かれるのは
誠に痛いですから!


銅相場情報メインページ
私の発想
毎日更新楽天日記
ブログ銅相場情報
銅相場情報+(プラス)

|

より以前の記事一覧