2017年5月22日 (月)

これでは他はかないません。

全くこれを出されたら
他がかなうわけが
無いじゃないですか。


17052203

昨日ユニクロで買った
ミラクルエアー
白ジーンズ

試着してみた時も
全くの違和感なし。
以前は必ずそれがあって
買うのをためらったものでした。

去年から気になっていました。
軽くて超涼しそうだとね
今の時期からはぴったりと
でもまずは穿いてみてのこと。

シルエットは?
穿き心地は?
ストレッチ性は?

超グッドでした!


17052202


17052204


17052205

いやこれを出されたら
他は穿けなくなって
しまいます。

さすがにね
ブルージーンズは
何本も持っていますから
そちらもとは今は思いませんが
暑くなったらわかりません。

もうこの年になると
窮屈は嫌
暑いのも嫌
厚いのも嫌
カッコ悪いのも嫌
とわがままだらけになります。

でもこの一着は
全てクリアーでしょう。

ジーンズ
綿100%デニム
にこだわる必要は
なくなってしまいました。

気持ちよいのがいい
気分がいいのがいい
ストレスないのがいい

益々淘汰の波が
押し寄せてくるように
思いました。

これではみんな
もたもたしていたら
やられてしまいますよ!

| | コメント (0)

2017年5月15日 (月)

葛藤

やっぱり文字は読みたい。
でもビデオや映像を
ついつい選択してしまう。

これではいけない
このままではいけない。

何故最近本を読まなく
なってしまったのか?
相変わらず本は週末
定期的に買っています。
そして買ったらすぐ
読み始めています。
でも長続きしないのです
集中力が途中で
途切れてしまうのです。
それはなぜか?

本にのめりこめないから
内容がつまらないから
文章が下手だから
違和感を感じてしまうから。

今では作家で買っています。
でもお気に入りの作家さんから
新しい本が出ていないと
書店のポップなどで
やはり選んで買ってしまいす。
でもこれがどうも
当てが外れがちなのです。

思ったほどよくない
時にはそれ以下で
相当に悔しい思いにも。

でもやはり新しい作品や
作家さんとはめぐり合いたいもの
ですからめげずに
捜し求めています。

さあ今回はどうでしょう?
辻村さんは良いとして
川口祐海さんはどうか?
書店の一押しのようなので
買ってみましたが
まあ出足をちょっと読んだ所
まんざらでもなさそう
さあ楽しませてもらえるかどうか
本を嫌いにさせないで下さい
映像に走らせないで下さい。
期待を込めて読んで
みたいと思います。


201705131


201705132


| | コメント (0)

2017年5月 8日 (月)

回避予知時期はいつが良いのか?

本業には相場が付き物です。
為替や銅相場、在庫の動きなど
そしてそれが動く時には必ず
理由がついているものと
私は考えています。

もう何年か前から
リーマンショック以上の
大暴落が起きるのではないかと
心配しています。
ブログなどでもそれを
書いています。

しかしまだその規模の
暴落は起きていません。

私は常に意識をしています
明日にでも起きるのでは
ないかと心配しています。
しかしそんな事をブログなどで
書いていると良い印象を
もたれません。
暴落を煽っていると
言われているふしもあります。

では暴落などの危機を
知られるにはいつの時期が
良いのでしょう?

暴落の前日?二日前?
暴落の一週間前?
暴落の一ヶ月前?
半年前?

要は暴落には引っかからず
前日まで儲けを享受できている
そして暴落の時に損をしない
それが最高な結果なのでしょうが
はたしてそんな事は
出来るのでしょうか?

今回のGWも私は休まず
仕事をしていました。
すぐ売れるように作業し
品物を整理していました。

株などはリーマンショック前に
止めてそれ以降の取引は
行っておりません。

リーマンショック時の
銅相場の下げはとんでもなく
きつかったです。
五分の一まで下がりました。
在庫の損を大きく出しました。

でもいつかは下がると
思っていましたから
結構品物ははかしていましたが
なんせ単価が高かったので
品物も入ってきていましたから
こういう場合は必ず
下げで損を被るものです。

では今回来るであろうと
いわれ続けている大暴落は
いつくるのでしょう?

私はもういつ来ても
おかしくないと
思っています。
その兆候が随所にあるのに
まだ大丈夫と煽っている
ふしもあります。
また来させてはいけないと
お金をさらにつぎ込んでいます。

不動産バブル
金融バブル、株バブル
いつ弾けてもおかしくは無い
そういう危うい状態なのだと
思っています。

リーマンショック以降は1年位たって
ほとぼりがさめたと思いました。
東北大震災は私の中では
未だにほとぼりはさめていません

いつ何時、何が起こるか
常に身構えている状態です。
お金の無駄使いはいけないと
そんな戒めも未だに
立てたままです。

銅相場の下げが何かを
暗示しているように
思えてなりません。
新聞記事でも過熱感がと
そこかしこに書かれています。
その通りと私も思います。

私は予想時期がぴったり
当たらなくても良いと
思っています。
だいぶ前であっても良いと
思っています。

要は損をかぶらない事
その場をすんなり
やり過ごす事が
出来ればそれでよいと
思うばかりです。

周りの評価など
関係ありません
自分のための
自分の行動のたの
自己責任のための
予想なのですから。

まあ何もないのが
一番良いのです
儲けられないから
儲けそこなったから
悔しいとも思いません
欲張った時が
落とし穴だと
思っていますから。

すぐではなくとも
危険度は日に日に
増していると思っています。

| | コメント (0)

2017年5月 1日 (月)

お使い物


昨日は用事があって
夕方からお出かけでした。

ある人に会うため
そしてその方の作品を
拝見するため。

そこで下車駅の近くで
お使い物を買おうと
入ったのですが
入ったのが始めての場所
勝手が良くわかりませんでした。

そこでいろいろと
観て回っていたら
品の良い方がそこのお店で
お使い物を買っていました。

そこで私
ここにしよう!
って思ったわけです。

この発想は
使えるなあと
思った次第。

手持ちの袋も
高級そうで
グッドでした!

やっぱり
お店→お客様
リンクするのでしょう。

商売って
実に面白いです。
客層を観れば
そこのレベルが
計り知れるというもの。

ネットでの情報より
実際のその場のお客の
立ち振る舞い
佇まい、オーラ
観られているんだなあと。

まあお使い物は
送り手の自己満足です
品物の価値を知るには
もう一歩、自分に対して
勉強のためにも
買って試すべきなのです。
だから私は帰ってくると
何で買ってこなかったのと
叱られるわけなのです。

いつも同じ失敗
トホホです。

| | コメント (0)

2017年4月24日 (月)

もう興味は無いのかも。

もう興味は無いのかも。

今日は行くんでしょう?
いや、行きませんよ
行った所で混んでるし
興味もなくなっているし。

昨日の夫婦の会話です。

銀座にまた新しい名所が
生まれました。
「最後にして最大」

以前だったら
行きたくて
観てみたくて
雰囲気味わいたくってと
勇んだことでしょう。

まあ一応はいろいろと経験を
積ませていただきましたから
もう別に良いかなという
感じになっていますから。

また性格的にも
煽られたり
振り回されたり
強制されたり
しなければいけないなどと
されるのが嫌いですから
あえて反抗したくなる
所もありますけれどね。

まあ今ならわかります
もうこの手は私には相当
場違いなのだという事がね。
いい加減わかります。

夢や希望を見させてくれる事は
とても大切だと思います。
でもそれが場違いだったら
それはどうでしょう?
勘違いだったら
どうでしょう?

商人的な見地から言えば
新しい商業施設は
今まであった施設を
凌駕するものですから
取って代わるものなのです。

そう考えると
その場所の呼び水には
なると思いますが
お客様を食われてしまう
可能性を秘めているわけです。

以前だった良いでしょう
発展途中、拡大途中なら
でも今もそうでしょうか?
まずは東京オリンピックに
向けてとなっていますが
その後はどうでしょう?

今の足元にしたって
疑問でなりませんが。

自分にあてはめてみても
シンプルで無駄を省く
そんなコンセプトが
これからの主流なのだと
思っています。

シンプルでもカッコいい
これを私などは目指しています。
というかやっと気づかされた感じ
まあどうしたって世の中は
格差が生じます。
カッコでもそうでしょう
全く同じ事をしても
カッコ良い人とカッコ悪い人
いろいろ出来てしまうことは
もうこれは仕方ありません。

だからいろいろと多様性は
あって良いのですが
それにしたってやはり
結果は出て来てしまうものです。
(気にしなければ関係ありませんが)

個性は内面、内に秘めるもの
考え方や想像力を現すもの
決して外見が個性だとは
言い切れません。

これからはそちらに重点を
置くべきなのではないかと
思います。
なかなか難しいこと
ではありますけれども。
だから磨きがいも
あるというものです。

さあこれからも
見て行きたいですね
世の行く末を
自分の見地で。

| | コメント (0)

2017年4月17日 (月)

映像よりも文字

映像よりも文字

まあ今の時期では
まだ全てテレビドラマが
出揃っていませんから
何か見たい衝動で禁断症状で
余計な時間を使いがちに
なってしまっています。

これが実に疲れます。

それであるならやはりいっそ
読書の方に没頭していたほうが
どんなに良いかと
つくづく思った次第です。

映像はともすると
ストレスをためがちになります。
安易に頭に入力できてしまいますし
刺激も強いですから。
感情もすんなり上昇させられます。

でもこれに慣れてしまうと
文字に戻り辛くなります。
だって人間は楽なほう楽なほうへと
行きたがりですから。

今回はやっとこれではいけないと
思った次第で力ずくでも
読書に自分を戻さなくてはと
絶対に自分が満足するであろう
本をチョイスして見ました。

東野さんの新刊短編集

170416_201630


新聞のコラムにも載っていた
笑のカイブツツ
著:チヤタカユキ

170416_201826


やっぱりどこかでしっかり
コントロールしなければ
いけないと思いました。

安易に映像にはまってしまうと
想像する力が退化を
起こしかねませんから。

文字は自由で無限の広がり
これに適うものはありません。
たまにはタブレットを手放して
本だけを読んでいたい
タブレットを買う前のようにね。

あの時の方が間違いなく
頭は柔らかかった。
危機感と共に
そんな事を感じ始めて
しまっています。

たぶんこの感覚は
間違いなし。
昔のようにまた本に
戻りましょうかね!

| | コメント (0)

2017年4月10日 (月)

死を覚悟した時

死を覚悟した時

その時、死に直面したんだ。
たから無性に不安になったんだ。
とんでもない恐怖を味わったんだ。
でもどうしようもなかった。
受け入れるしかなかった。
だから自らの思考を無意識に
停止してしまったんだ。

そう私は考えました。

もし私が死を覚悟したら?
どうするでしょう?

今の私なら
やり残した事はないかとか
他人に迷惑をかけたくはない
とか考えるかもしれません。
でもそれは脳がしっかり
働いている時の思考
その瞬間に人間は
何かのスイッチを入れる事が
出来てしまうのかもしれません。
恐怖から逃げるために
無意識のうちに一瞬で
思考の電源オフとする事を
選択できてしまうのかもと。

とんでもない恐怖
もしそれが継続したら
自ら命を絶ちたくなって
しまうかもしれない。
それを防ぐために根底で
持っている防衛本能。
思考停止という防御。

もうしっかり話すことが
出来ませんからその時
どうだったのかを
聞く事は出来ません。
想像するだけです。

痛みを緩和するために
モルヒネがあるように
恐怖から逃れるために
思考の停止もあるのだと。

これも本能のひとつ
死の苦しみから解放できる
高齢者なら決して戻らない
究極の防衛本能のひとつ。

そう思いました。

| | コメント (0)

2017年4月 3日 (月)

行きつけの床屋さんをとうとう変える

行きつけの床屋さんをとうとう変える

床屋さんをとうとう変えました
理容組合に入っている床屋さんから
1,000円カットの床屋さんへ。

今年に入ってから私は
スポーツ刈りにしています。
髭は自分でバリカンで
1ミリにそろえています。

そうすると
高いお金を払っても
ちょちょっとと
終ってしまうのです。

眉毛きり
まつ毛きり
耳毛きり
耳掃除
顔すり
襟すり
などのサービスも
時にはちょちょっと
やるだけになるときも。

だってね金額的に
3倍以上になります。
それで気持ちよく
ならないのならと
思って昨日十何年ぶりかで
千円カットへいったわけです。

この髪型ならこれで
十分だと思いました。
ものの10分もかからず
バリカンできれいさっぱりと
なりました。

余計な会話も必要なし
求める必要もなし。
ちゃちゃっと短く
してくれればよし。

これでは比べようもありません。
危機感を持ったほうがいいです。
残念ですがこれが
現実なのだと思いました。

こういう事は何にでも
いえることだなあと
つくづく自分にも
当てはまることだなあ
と思いました。

常に危機感を持っていないと!

| | コメント (0)

2017年3月27日 (月)

皆の今に惑わされない

皆の今に惑わされない

昨日はつくづくそう思いました

皆の今に惑わされないこと

今の自分はどうなのかが
大切だという事。

皆が見ている先を見つめた所で
皆と同じにしか映りません。

自分が見る世界は
自分だけのもの。
たとえそれが皆と
かぶっていたてしも
なんら気にする必要なし。

まあ強いていえば
常に皆が気に留めてないところへ
自分の視線は向けていたいもの。

そこで見つけたチャンスが
自分だけのチャンスとなりえます。

不思議に思うこと
疑問をはさむこと
自分だったらと思うこと

その視点から物事を考察するすれば
何かピンとくる事があるものです
その瞬間を大切にします。
思考よりもまずまずは感性
能書きは後からつけるものです。

昨日はそんな感覚を覚えました。
あくまでピンときたまで
それから考察へと入ります。
昔はこのピンときただけで
すぐ飛びついてしまったのです。
ですからまだ失敗がありました。
もうひと考察だったのです。

そして基本は
引き算
です。

勝ち残るかどうかは
二者択一
生き残るはひとつ。

常に究極の選択
これが力を蓄える秘訣
だと思います。

| | コメント (0)

2017年3月20日 (月)

アメ横か銀座か


最近出かけている所が
銀座からアメ横へと
変わりました。

ただ昨日行ってから
生意気なようですが
アメ横も見切って
しまったようにも思います。

銀座はモード系
アメ横は定番系
このような使い道で
利用したらと思いました。

爆買いがあってから
銀座から足が遠のいて
意識も買い足しではなく
引き算の意識へとなって
定番へと落ち着きを求めた私。

そこで求めたアイテムが

170306_063234


170320_051959


170320_051810


170320_052102


これらでした。
俗に言うアメカジです。
肩もこらず
気も使わず
飽きも来ない。
(たぶん)

私の求めていたものは
元来がここが基準。
ちょっとカッコを求めたゆえに
銀座に走ったふしもあります。

でも銀座からも結構
勉強させてもらいました。
無駄もたくさんしたようにも。

でも服装への衝動が
薄れてきていることには
寂しさを感じています。

引き算という言葉には
カッコいい響きはがありますが
行き着いてしまったら
味気ないものなのです。

さ~って次は何に
目覚めましょう?

気になっている事の根本は
感性を磨くということ。
今はネットでの映像にハマって
ビジュアルへの刺激を
増やしている感じです。

このことからファッションにも
また変化をするのかもしれません。

引き算がまたいつ足し算へと
移り変わるか心配ではありますが
(お金を使いたがるという意味で)
でもそのときは自分の感性の
おもむくままにまた行動を
起こすことになるのでしょう。

常に進化し
高みへ
行けるように。
自分投資には
惜しみなく。

| | コメント (0)

«こんな高い洋服誰が買うの?